お問合せはお電話でもどうぞ
【受付】8:30〜18:00
(日曜・祝日は休み)
スマートフォンや
携帯電話でも
弊社の情報が
チェックできます
shinsei.pr.miten.jp

アグリ事業

POLYPHEMIN(us processed naturall food)

ぷりぷり姫
ぷりぷり姫
ドラッグストアショー2016に出展します。
・ぷりぷり姫(HCP)
・POLYHEMIN(青汁)

http://item.rakuten.co.jp/auc-sweet-beautydesign/007/

ブース番号 7-023
美しい自然と共に
美しい自然と共に
■アグリ事業部のコンセプト
『お客様が元気になる事を考え進化し続ける企業です』

■豊かな自然 
晨星興産アグリ事業部都城工場は、宮崎県都城市の山合いにある自然豊かな高城町の四家に位置します。
 廃校となった四家小学校跡地を利用しております。
 霧島の綺麗な水と美しい自然の中で、自然との共存と農業の発展を目指す地元の力を高めるため、私達は地域特産物を生かした製品づくりに励んでいます。

▼弊社のご紹介
晨星興産(株)アグリ事業部 都城工場
画像をクリック







〒885-1312
宮崎県都城市高城町四家1003
TEL:0986-53-9080
FAX:0986-53-9050
Mail:niisaka@shinsei-m.com
世界初のネオクロロゲン酸サプライヤー
弊社は世界で初めて、ネオクロロゲン酸のサプライヤーとなりました。
 
 この事業を始めて、原料量産化までには2年、商品開発までには3年の期間を必要としました。他社がやらない理由がありました。

 ネオクロロゲン酸は3大成人病、アルツハイマーや骨粗しょう症等QOL訴求を十分に訴求でき、トリカフェオイルキナ酸にいたっては、含有原料を世界中探しても弊社だけです。

 投入研究期間は述べ5年。途方もない労力を必要とした理由は、その反応力の高さと、耐熱芽胞菌の問題でした。幾多の困難を乗り越え、世界で初めてネオクロロゲン酸を主成分とした原料サプライヤーとなりえたのです。

この超機能性原料を生かすべく、我々は様々な商品開発を行っています。
食品を始め、スムージーや酵素ドリンク、化粧品からフェイスパックなどなど、超大手企業様含め、今は約10社様と開発を進めています。

弊社開発製品一覧
弊社開発製品一覧
しぼう泥棒が第14回JAPANドラッグストアショー新商品コレクション好感度投票で実行委員長賞を受賞しました!
しぼう泥棒が第14回JAPANドラッグストアショー新商品コレクション好感度投票で実行委員長賞を受賞しました!
2014年3月15、16日に幕張メッセで行われた 第14回JAPANドラッグストアショー(日本ドラッグストアショー主催)に弊社アグリ事業部が出展させて頂きました。

業界・メディア・生活者から最も注目され、関心の高いこのドラッグストアショーにはドラッグストア業界のみならず国内外の様々な小売業態・流通業界からも多数のご訪問、2日間で延べ130,815名の御来場者数を記録したとの事で御座いました。本当に大盛況でした。

ドラッグストアショーにて弊社原料、サツマイモ茎葉由来ポリフェノールを主成分とした、新商品の”しぼう泥棒 ”が新商品コレクション好感度投票 業界関係者投票部門にて実行委員長賞を賜る事が出来ました。業界の皆様、ご投票、ご支援賜りました事、この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

サツマイモ茎葉ポリフェノールは実用化にこぎつけるまでに数々の苦労がございました。授賞式では涙をこらえるので精いっぱいでございました。原料開発にお力添えを頂戴した関係者皆様、本当に有難うございました。

お客様のお役にたてる、お気に召していただける商品をこれからも開発してまいります。

皆様、これからもご指導、ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。
ネオクロロゲン酸含有原料一覧
原料一覧PDF
http://shinsei.pr.miten.jp/uploads/img05d4b7338c90333a18037.jpg

▼ ポリフェミン(クロロゲン酸換算量 2%品)

特徴:コストパフォーマンスに優れた、クルード濃縮液

▼ ポリフェミンクリア(クロロゲン酸換算量 1%品)

特徴:清涼飲料水用に開発されたポリフェミン
   菌数ゼロ、希釈液のクリア度が特徴
  
▼  ポリフェミンパウダー(クロロゲン酸換算量 20%品)

特徴:ポリフェミンのFD品
ネオクロロゲン酸含有原料一覧
HACCPとは
HACCPとは
HACCPとは
Hazard Analysis and Critical Control Point
HAは危害分析、CCPは重要管理点を意味しております。

安全な食品の提供を消費者に保証するためには、食中毒予防の三原則である「つけない」、「増やさない」、「殺菌する」を確実に実行していくことが重要です。
そのために一般的衛生プログラム HACCPを用いて、
日々の衛生管理を実施しています。